ロード、マウンテンバイク、シクロクロスをマルチに走り、バイクショップ“じてんしゃPit”を営む江下健太郎のサイト

じてんしゃPit最新情報

2024.3.18

ENSナショナルエンデューロシリーズ 常陸太田大会

ENS エンデューロナショナルシリーズへ参戦しました。

ENSとは、マウンテンバイク種目のダウンヒル競技に近い種目で、自力で登って『下りの速さを競う』レースです。
https://ensjapan.net/

DH ダウンヒルに比べれば難易度、危険度は抑えてありますが、そのぶんスピードを上げるために「ペダルをこぐ」ペダリングの能力も必要になります。

私エシケンは、ENSへの参加が8年も前の2017年に1回1レースのみで、今年2024年は超久しぶりに思い出したようにエントリーです。

まずは第2戦の常陸太田大会へ。
里山のようなところで雰囲気も良く、コンパクトな会場ながら面白いレイアウトがやる気を出させてくれます。
今回は久々に我が家の愛犬コロも一緒の遠征で、午前中は会場を私は試走に、コロと妻は山散歩へと、足腰が弱ってきたコロも2時間半がんばりました。

そしてレース本番、ステージ1で総合5位タイム、ステージ2で総合3位タイムと、大きなミスなくまあまあな内容の走りでしたが、最後のステージ3でクラッシュ!「ドーン」と順位落下の29位タイムで、
結果:Cクラス4位、年代クラス4位、バイク別クラス4位、総合15位。
(久々の参加はCクラスからのスタートです)

すべての表彰台をギリギリ外す、という始末で・・・残念賞です。
とは言え、超久々に下りを本気で走る、という貴重な時間を過ごせて新鮮な気持ちになれました。楽しかったです(^-^)v

普段、全くマウンテンバイクに乗らずの参加は、こういう結果になってしまうのは仕方なしですね、「ちゃんと練習して参加しなさい」ということです(^^;;

ちなみに、私エシケン選手は写真のバイクで走りました。クロカンバイクの29erハードテイル+フロント100mmサス+ドロッパーです。やっぱりこんな選手はいませんね、だからコケる!?んですって。

大会関係者さん、参加の皆さん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。





TOPへ